経営者メッセージ

20代後半で初めてアメリカ合衆国に渡り、3年間滞在したことがあります。広大な国土、陽気な人々、それに当時最盛期を迎えていた巨大ショッピングモールの偉容にただただ圧倒されたことを覚えています。行く土地土地で、住民が東洋人の私たち家族と出会うと、口々に ”Enjoy!” と声をかけてくれたのも、とても新鮮で不思議な感覚でした。

あれから四半世紀が過ぎ、日々の暮らしは飛躍的に便利になりました。しかし、なぜか今よりも不便で満ち足りてはいなかった時代を懐かしく感じるのもまた事実です。経済合理性や拡大再生産をひたすら追求してきた資本主義社会が、大きな曲がり角を迎えていることにも深い関係があるのではないでしょうか。

創業の昭和50年、今から半世紀近くも前、「ジョイフル本田」を社名と決めた創業者、本田昌也の奇抜で独創的なアイデアと行動力。これが我々の原点です。誠実で勤勉な仕事ぶりこそ唯一無二としていたはずの世の中で、楽しむこと、共に喜び夢を創っていくことを会社の名前に託しました。
こじんまり小さくまとまってしまうのではなく、はみだしながらも全力で規格外のことを成し遂げる集団、こんな組織をもう一度原点に戻って創っていきます。

そして、これまで出店させていただいた地域の皆様に愛着を持っていただけるくらい「根ざす」ことが、私たちの願いです。人と人とがふれあい、慈しみ、気持ちが安らげる場所。行くとなぜか少しだけ元気が出てくるようなお店。新しいことに日々チャレンジしていきつつ、決してスタート地点の想いは忘れません。ジョイフル本田に、ようこそ!!

【2021年6月期第1四半期の業績について】

当第1四半期累計期間における我が国の経済は、収束の見えない新型コロナウイルスの影響により景気動向は急激に悪化し、企業の雇用環境や経営環境にも大きな影響を与え、今もなお厳しく不透明な状況が続いております。

ホームセンター業界におきましても、新型コロナウイルスの感染拡大の影響は大きく、外出自粛やテレワークの浸透により自宅で過ごす時間がふえ、個人の消費動向やライフスタイルに大きな変化が生じ、ウィズコロナ関連商品を中心に在宅需要が増加するなどしております。

このような経営環境下、当社は、ホームセンターへのニーズが高まる中「必要必在」「生活提案」をミッションに掲げ、地域社会の喜びと夢を共創すべく、国内No.1の「暮らしと住まいのイノベーター」企業を目指し取り組んでまいりました。

その取り組みの一つとして、お客様目線での商品関連性を重視するため、商品グループの括りと名称を変更し、新しい商品の括りで組織再編を行いました。また、売場と商品部バイヤーとの連携強化を図るべく、スーパーバイザーを配置し、商品政策をダイレクトに推進できる体制へと変更いたしました。

コロナ下での営業スタイルも大きく変化いたしました。具体的には、3密回避のための催事の中止や折込チラシの大幅削減、従来の店舗主導の紙主体の広告から本社主導のデジタル・WEB広告へのシフト等、コストコントロールに注力した結果、広告宣伝費の削減に繋がりました。併せて、新型コロナウイルスの感染リスクを鑑み営業時間短縮の継続および人員配置と営業体制等の見直しを行った結果、人件費の抑制と店舗関連の水道光熱費の削減等が図られ、販売費及び一般管理費の圧縮効果に繋がりました。

また、お客様の利便性の拡充に向けて4月より新たな法人カードを導入、2%値引きや2回分割無金利など便利でお得なカードとしてご利用をいただいております。 さらにSNSの活用においては、Instagram、LINE、Twitterによる情報提供を拡充、お得な情報やイベント情報を随時配信し集客強化に繋げ、売場におきましてもデジタルサイネージを導入し、ホームページ、SNS等と連動した販促強化を図っております。

また、今後の出店戦略の一環となる取り組みとして、9月にはプロショップ「本田屋」の2号店を千葉県船橋市に出店し、工具、金物、作業服等のプロユースに対応する専門店として職人の皆様をサポートしてまいります。

新型コロナウイルスに対する取り組みとしては、店舗ではアルコール消毒液の設置、社会的距離の確保、エチケットシートの設置、コイントレイの使用等、従業員においては、マスクの着用、スタッフの検温の実施等の施策を講じながら、お客様と従業員の安全を最優先に考え、安心して買い物できる環境づくりに努めております。

営業概況は以下のとおりとなります。

「住まい」に関する分野においては、新型コロナウイルスの影響による在宅需要の増加により、木材や工具類などの資材・プロ用品、ホームオフィス家具や収納整理用品などのインテリア・リビング、花・野菜苗やガーデニング用資材などのガーデン・ファームの売上が好調に推移いたしました。一方、リフォームについては、コロナ下での休業や消費税増税前の駆け込み需要の反動減の影響もあり、売上は低調に推移いたしました。

「生活」に関する分野においては、新規飼育者の増加に伴うペット関連商品やコロナ下の3密回避によりキャンプ等のアウトドア関連商品の需要が高まり、ペット・レジャーの売上が好調に推移いたしました。一方、デイリー・日用品については、新型コロナウイルスの感染防止対策によるマスクや消毒液、トイレットペーパー、キッチン・ダイニング用品等のウィズコロナ関連商品の販売は好調だったものの、遅い梅雨明けや昨年の消費税増税前の駆け込み需要の反動減、インバウンド需要の剥落等により飲料、酒、一部日用品などの売上が低調に推移いたしました。

また、ガソリン・灯油を前事業年度において事業譲渡したことにより、利益率の高い「住まい」に関する分野の売上構成比と「生活」に関する分野の利益率が大きく伸長したことで、売上総利益率の改善に繋がりました。

以上の結果、当第1四半期累計期間の売上高は、341億65百万円となり、営業利益は31億75百万円、経常利益は34億6百万円、四半期純利益は23億54百万円となりました。

(注)当社は当第1四半期会計期間より四半期財務諸表を作成しているため、四半期損益計算書に係る比較情報を記載しておりません。

2021年6月期の業績予想(2020年6月21日~2021年6月20日)

2021年6月期の業績予想につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大等により、現段階では合理的な業績予想の算出が困難であるため、未定とさせていただきます。今後、合理的に予想可能となった時点で公表いたします。