経営者メッセージ

20代後半で初めてアメリカ合衆国に渡り、3年間滞在したことがあります。広大な国土、陽気な人々、それに当時最盛期を迎えていた巨大ショッピングモールの偉容にただただ圧倒されたことを覚えています。行く土地土地で、住民が東洋人の私たち家族と出会うと、口々に ”Enjoy!” と声をかけてくれたのも、とても新鮮で不思議な感覚でした。

あれから四半世紀が過ぎ、日々の暮らしは飛躍的に便利になりました。しかし、なぜか今よりも不便で満ち足りてはいなかった時代を懐かしく感じるのもまた事実です。経済合理性や拡大再生産をひたすら追求してきた資本主義社会が、大きな曲がり角を迎えていることにも深い関係があるのではないでしょうか。

創業の昭和50年、今から半世紀近くも前、「ジョイフル本田」を社名と決めた創業者、本田昌也の奇抜で独創的なアイデアと行動力。これが我々の原点です。誠実で勤勉な仕事ぶりこそ唯一無二としていたはずの世の中で、楽しむこと、共に喜び夢を創っていくことを会社の名前に託しました。
こじんまり小さくまとまってしまうのではなく、はみだしながらも全力で規格外のことを成し遂げる集団、こんな組織をもう一度原点に戻って創っていきます。

そして、これまで出店させていただいた地域の皆様に愛着を持っていただけるくらい「根ざす」ことが、私たちの願いです。人と人とがふれあい、慈しみ、気持ちが安らげる場所。行くとなぜか少しだけ元気が出てくるようなお店。新しいことに日々チャレンジしていきつつ、決してスタート地点の想いは忘れません。ジョイフル本田に、ようこそ!!

【2020年度の振り返り】

1.グループ内組織再編とガソリン・灯油事業の譲渡について

我が国の経済は、長期化する米中貿易摩擦、中東や朝鮮半島情勢の緊迫化、新型コロナウイルスの世界規模での甚大な影響などにより、消費環境は極めて不安定な状況が続いております。
当ホームセンター業界におきましても、消費税率引き上げ後の消費マインドの冷え込みや昨年秋の台風等の自然災害による影響、コロナ禍による臨時休業や営業時間の短縮を経験し、一方ではマスクや消毒液等の衛生用品をはじめとする感染症対策商品、あるいは外出自粛による在宅需要によるDIY関連商品の販売増加など、極めて不安定な経営環境が続いております。

このような社会経済の状況下、当社は、全社経営資源の最適配置・最大活用を実現し、中核事業の競争力をより一層高めるため、グループ内組織再編を行いました。これにより、当社を吸収合併存続会社、株式会社ジョイフル本田リフォームおよび株式会社ホンダ産業を吸収合併消滅会社とする吸収合併を、2020年3月21日に行いました。また同時に連結の範囲を見直し、株式会社ジョイフルアスレティッククラブおよび株式会社ジョイフル車検・タイヤセンターを非連結子会社としました。
これにより2020年度より、従来連結で行っておりました決算の開示を単体開示に変更いたしました。

また、これまで車で来店されるお客様の利便性を追求し、セルフガソリンスタンド事業および灯油スタンド事業を展開してきましたが、中長期的な展望を踏まえ、お客様にガソリン等を今後も安定的にご提供できる体制を構築するため、当該事業を、4月1日から6月10日において出光興産株式会社へ順次事業譲渡いたしました。
現在、当社店舗の敷地内のガソリンスタンド・灯油スタンドはすべて出光興産株式会社の販売子会社により運営されております。

2.当社の取り組みについて

当社は、更なる企業の成長と発展を目指すべく、主力事業であるホームセンター事業において「現場第一」を基本として、「お客様の関心」を売場のテーマとした店づくり・売場づくりに取り組んでおり、これを実現するため全店標準化とエリア毎個別化の両立を図っております。大型店では「店舗規模を生かした広域商圏の再構築」を具現化すべくニューポートひたちなかエリアで、中型店では「より地域に密着した店舗づくり」を具現化すべく八千代エリアで、それぞれに標準化モデルの構築と個店強化に取り組んでおります。

具体的な取り組みとしましては、商品面においては、従前の概念にとらわれない新規取引先の開拓や新規商品の積極的な導入など、新たなマーチャンダイジング施策に取り組んでおります。新しい試みとしてファッションのオフプライスストア事業を開始し、ポップアップストア「DISCAVA!」をニューポートひたちなかエリア、千葉ニュータウンエリアの2エリアにて開業いたしました。
また、多様な決済手段への対応について検討を開始し、全店舗でQR決済サービスを開始いたしました。さらに、12回払いまで分割手数料が無料となるショッピングローンの対象商品の拡大を実施したほか、4月下旬より法人向けの新たなクレジットカードの利用を開始いたしました。
さらには、当社店舗店頭にて無料配布している当社のナビゲートマガジン「JOYFULHONDA mag.」の内容を刷新し、当社取扱商品で実現できるライフスタイルの提案をメインテーマとし、その内容をWEBやSNSなどの各種販促媒体を通じて情報発信を開始いたしました。
また、地域に根ざすというポリシーに基づき、店舗への交通手段を持たない方々への買物支援サービスを開始しております。荒川沖エリアにおきましては土浦地区タクシー協同組合が運営する「のりあいタクシー土浦」および当社が運営する無料送迎バス「じょいふる号」を利用し、さらに守谷エリアおよび宇都宮エリアにおきましては各自治体が運営する「デマンド乗合交通」を利用し、店舗への送迎サービスを運営しております。

3.業績総括

売上高は、前事業年度に比べ58億5百万円増加し、1,249億9百万円(前事業年度比4.9%増)となりました。また、営業利益は、前事業年度に比べ14億11百万円増加し、91億87百万円(同比18.2%増)、経常利益は、前事業年度に比べ14億52百万円増加し、105億93百万円(同比15.9%増)となりました。当期純利益は、抱合せ株式消滅差益、事業譲渡益などを特別利益として計上、また、減損損失、投資有価証券評価損、投資有価証券売却損などを特別損失として計上した結果、前事業年度に比べ64億8百万円増加し、109億49百万円(同比141.1%増)となりました。
なお、前年との対比につきましては、2020年度より連結財務諸表を作成していないため、前事業年度の単体数値(下表の〈前事業年度〉ご参照〉と比較し記載しております。

(2020年度の決算対象範囲と前事業年度の単体数値との比較について)
当事業年度の決算対象範囲は、下記のとおりとなっております。
<2020年度>(2019年6月21日~2020年6月20日)

  第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期

(株)ジョイフル本田

旧(株)ジョイフル本田リフォーム、現リフォーム事業部

旧(株)ホンダ産業、現アート・クラフト事業部

(株)ジョイフルアスレティッククラブ

(株)ジョイフル車検・タイヤセンター

※表の●印を付し塗りつぶしをした部分が業績の対象範囲となります。

ご参考
<2019年度>(2018年6月21日~2019年6月20日の株式会社ジョイフル本田1社のみの個別業績)

  第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期

(株)ジョイフル本田

旧(株)ジョイフル本田リフォーム、現リフォーム事業部

旧(株)ホンダ産業、現アート・クラフト事業部

(株)ジョイフルアスレティッククラブ

(株)ジョイフル車検・タイヤセンター

※表の●印を付し塗りつぶしをした部分が業績の対象範囲となります。

2020年度は、様々な特殊要因が発生し、全社一丸となってその対応に当たりました。10月の消費増税前は、計画的な商品手配を実施したことにより駆け込み需要に対応でき生活雑貨部門等が伸長しましたが、増税後の反動減による影響は長期に及びました。一方で、9月、10月に相次いで発生した台風や大雨による復旧・復興需要に継続して対応したことにより「住まい」に関する分野が大きく伸長しました。2月以降、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によりマスクや消毒液等の衛生用品をはじめとする感染症対策商品の販売が増加しました。一方で、政府の緊急事態宣言を受け、感染拡大抑止のため、4月中旬より、一部の店舗で臨時休業、営業時間の短縮、また、一部商品の販売・サービスの自粛、販促・イベントの自粛を実施したため、その期間売上高は減少いたしましたが、在宅勤務や外出自粛等による生活様式の変化によりDIYやガーデニング等の新たなニーズが高まり「住まい」に関する分野の売上高は伸長しました。

4.2021年6月期の業績予想(2020年6月21日~2021年6月20日)

2021年6月期の業績予想につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大等により、現段階では合理的な業績予想の算出が困難であるため、未定とさせていただきます。今後、合理的に予想可能となった時点で公表いたします。